元不登校が教える!不登校になったら、やってほしい5つのこと

スポンサーリンク
不登校・悩み解決
スポンサーリンク

こんにちは。まさ(@hkmasablog)です。

不登校になった時って、何をすればいいのかわかりませんよね。僕も同じでした。

まさ
まさ

勉強はもちろんですが、心の面も鍛えていかないといけません。

勉強だけを続けてしまっても、心の面では成長ができません。今回は、不登校になったときにやってほしいことを「元不登校」が教えます。

スポンサーリンク

不登校になったらやってほしいこと!

その1:今までやらなかったことをやってみる。

僕は、新しいことをするのが苦手でした。新しいことをしても、何か覚えないといけないし、新しいことがをすることに恐怖を感じていました。

でも、不登校になってからは、そんな考えを捨てました。何か惹かれるものがあれば、とりあえずやってみる事を心がけるようにしてみたのです。実例でいくと、野球観戦に行ったり、車について調べてみたり、小説を書いたこともありました。映画やドラマ、アニメのジャンルをいつもと違うものを見てみたりなど、簡単な事でいいので、いつもと違う事をやってみてください。

この経験は、今活かすことができなくても、新しい学校に行ったり、会社に入ったりするときに、人と話を合わせたりすることができます。これを始めてからは、話についていけないということがなくなりました。これを続けていくことで、コミュニケーション能力の向上につながります。

その2:必ず学校に行くこと

学校に行くことと書いていますが、不登校の原因になった学校には行かなくてもいいです。そんなとこに行っても、また辛くなるので。

僕が必ず行って欲しいのは、新しいところで行って欲しいという事です。すぐにという訳ではありません。中学生で不登校なら高校生になってからでいいです。絶対に行ってください。通信制でもフリースクールでもなんでも大丈夫です。自分にあった場所をじっくり選んで学校にいきましょう!

僕も、地元の通信制高校に行って、人生を変えてくれた出会いがありました。そのおかげで今の自分があります。絶対にあなたの人生を変えてくれる人と必ず出会えますよ。

バイトができる年齢になったら、接客業のバイトをする

人によっては不登校の時はできない年齢かもしれません。でも、もしバイトができる年齢になったら接客業のバイトをしてください。

僕もコンビニでアルバイトをしていました。理不尽なクレームを言ってくる客もいて、苦しいことはありますが、おかげで人と目を合わせる事が苦手だった僕が、目を合わせて人と話す事ができるようになりました。意外に人の目を見て話せない人が多いです。相手の表情を見ないっとその人の感情やどう思っているかが分からなくなります。接客業のアルバイトをすることで、人と接することの練習ができますよ!

自分の短所をリスト化する

短所は自分でもわからない事が多いです。自分で見つけても、人に見つけてもらってもいいので、自分を分析してみましょう。

僕も短所がいっぱいあります。コミュニケーションが苦手だったり、人と話を合わせるのが苦手だったりとたくさんありました。今も少しは残っていたりしますが、だいぶ改善できたと感じています。

個性でもあるので、完全には無くさなくてもいいです。それを無くそうとする努力をしている人は、必ずいい人と出会う事ができます。僕もそうです。僕を理解してくれている人がたくさんいます。皆さんにも必ず現れますよ!!!

たくさんの人と触れ合うこと

すぐにじゃなくていいです。自分の心が落ち着いた時は、是非いろんな人と触れ合ってみてください。おばあちゃんでもおじいちゃんでもいとこでも誰でもいいです。自分が今なら話せそうな人と話してみてください。
何か新しい発見が必ずあります。

今回のまとめ

いかがでしたか?今は苦しくても、必ず明るい人生があります。人生には波がありますから・・・今はどん底だとしても必ず這い上がる事ができます。その為には、努力も必要です。少しだけ努力して明るい未来に向かっていきましょう。

今回は、ここまで!!!

バイバイ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました