プログラミングは今からでも遅くない!!!知識0でも大丈夫。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは。まさです。

プログラミングの知識が必要となってきた世の中で、勉強しようとしている人はたくさんいると思います。
でも、何から始めて良いのか、そもそもできるのかって考えちゃいますよね。

今回は、そんな疑問に答えていきます。

次に参考として、僕が知識0から一年でクラス1位の成績を取得した話をさせていただきます。
これに関しては、興味のある方のみでいいです。

こんな話を見ずにはじめちゃってください。

スポンサーリンク

とにかく始めること

まずは、やってみることをおすすめします。

下記に、僕が学習したサイトを貼っていますので、はじめてみてください。

いくつかの授業は、無料で試せますよ。

筆者は専門学校に入学しましたが、「HTML」「CSS」「VBA」の授業ぐらいしかなかったので、
卒業後はこちらで勉強しています。

読者の皆さんもぜひ、はじめてみてください。

入学当初の僕の出遅れ感

流石に、情報系の専門学校だったので日頃からパソコンを触っている人が多く、
僕の出遅れ感は半端なかったです。

タイピングは遅いですし、ショートカットキーってなんじゃとか、
ファイルを移動するってどうするんじゃとか、ほんと右も左も分からない状態だったのです。

なんとか追いつこうと必死で授業についていきました。
でも、なかなか一人じゃ難しいんですよね。先生にいちいち聞いてると授業に遅れが発生するし、
なので、両隣の席の人にわからないところは教えてもらいました。
ありがとう。親友ですよほんと。感謝してます。

そんなこんなで、なんとか操作が追いつくようになり、授業もまともに受ける事ができました。

2つの資格試験への受験

そう、ITの世界へのパスポートとも呼ばれる、「ITパスポート」。

できれば取っておきたい、「全経簿記3級」。

何がなんでも合格したい僕は、放課後に居残って友達と教え合いながら、勉強しました。
とか言ってますが、友達といるとふざけてしまう為、そこまで集中力はなかったです。

でも、この教え合うっていう事が合格につながったのだと思います。

やっぱり自分の頭に入れるだけでは、覚えにくいですからね・・・

そんなこんなで「全経簿記3級」は99点で合格する事ができました。

続いて、「ITパスポート」ですが、授業中はひたすら隠れて過去問をひたすら解いていました。

通学の電車などのスキマ時間にポチポチと・・・

そして「過去問道場」というサイトの模擬試験では、常に正解率90%を超える事ができるように
なりました。

そして、緊張の本番・・・

850点で合格する事ができました。

同じ問題が出たりする事が多いので、過去問を解いていて良かったと思いました。

前期の成績

学校での期末試験も終え、大体90点以上を取る事ができたことと、
資格試験の点数も良かったことから、

各科目オールA

を獲得する事ができました。

最初はどうなることかと不安でしたが、頑張って良かったと心から思いました。

最終的な結論:教えるのがいちばん頭に入る

いかがでしたか?

結局は教えるのがいちばんなんですよね。
教えるってことは理解していないとできないことですし。
伸び悩んでいる人は勉強会を開くのがいちばん手っ取り早いです。

今は、プログラミングスクールなどもあるので専門学校等に入らず、
プログラミングを学習できます。

あと、新しいことをするのには勇気と努力がいるが、それを超えれば良い事が待ってますよ。

今回はここまで!!!

バイバイ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました