筆者の心を支えたガンダムUCの名言集

不登校・悩み解決

こんにちは。まさです。

心がもたない時ってありますよね。

ああ〜人生つらいな。

そんな時はこれを見て、頑張ろうという気持ちになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筆者の心を支えた名言集

過ちを気に病むことはない。ただ認めて次の糧にすればいい。それが大人の特権だ。

シャアの再来と言われる、フル・フロンタルがジンネマンに対して発した言葉です。

失敗してもいいけど、それを自分で認めて次に活かせばいい。

これって簡単なようで、結構難しいことなんですよね。

人生は失敗続きです。ですがそれを糧にして立派な人になればいいんです。
それをフル・フロンタルが教えてくれました

人を想って流す涙は別だ。何があっても泣かないなんて奴を、俺は信用しない。

ガンダムUCの主人公である、バナージ・リンクスにジンネマンが発した言葉です。

男は人前で泣くなってよく言われる言葉ですよね。

でも、その人を思って流す涙は特別なんです。

筆者の考えなのですが、人を思って涙を流せる人は、人を思ってるから流せるんです。
優しい人だから人の気持ちになれます。

このシーンはあまり人前で泣くことが恥ずかしいと思っていた自分の考えを
改めさしてくれました。

筆者はこのシーンで涙腺崩壊です。これも人を思って流している涙ですよね。

人は、弱くて、不完全で、だから託すんだ!託されて、歩き続けるんだ。どんなに辛い道であっても。

ガンダムUCの主人公であるバナージ・リンクスが発した名言中の名言です。

ガンダムUCは大人たちが子供へ様々な思いを託していきます。

その思いを託されたバナージがこれを言うことが本当にかっこいいですよね。

私たちも親に思いを託されて生きています。いい人に、かっこよくなって欲しいとか・・・
親によって子供に託す思いは違うと思います。

この名言はそれを教えてくれました。

ここからは名言と一言の紹介です。(好きなものが多すぎるので)

おまえは私の希望・・・託したぞ、バナージ。ーダグザ中尉

希望ある若者に託す、大人の姿・・・
かっこいいですね。筆者もダグザ中尉みたいになりたいです。

ここが知っている。自分で自分を決められるたった一つの部品だ。なくすなよ。ーダグザ中尉

心は自分を決められる、たった一つの部品です。

自分に正直に見失わず生きていきたいですね。

ああ、哀しいな。哀しくなくするために生きているはずなのに、なんでだろうな。ージンネマン

哀しくならないために生きていても、人生はそんなにうまいことはいきません。

ジンネマンのような大人でもわからないんです。筆者みたいな若者には到底わかりません。

でも、それでも生きていかなきゃいけない。そう思える名言でした。

ガンダムUCは最高のアニメ

ちょうど筆者が不登校時代に見ていたので、心に響くものがたくさんありました。

今でも見返しているほど大好きな作品です。

皆さんも興味があれば、ぜひ見てください。

今回はここまで。

バイバイ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました