HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)を知って感じたこと

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは。まさです。

今回は、HSPというものについて記事にしてほしいと、友人からのリクエストがあったので、
記事にさせていただきました。

結論から先に申し上げると、病気ではなく「繊細な人」というだけなのです。

周りにもたくさんいると思いますし、僕も繊細な部類に入ると思います。

リクエストがあったHSPを知って、僕が思ったことなどを書いていけたらなと思っています。

スポンサーリンク

そもそもHSPとは

ハイリー・センシティブ・パーソン: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person’s Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」[3]とされる。

Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイリー・センシティブ・パーソン

と言ったのが特徴になります。

生まれ持った性格、気質で心の特徴、後天的に変える事ができないそうです。

繊細という事なので、「社会的に生きづらい」と感じてしまい、うつ病になる人も多いようです。

下に詳しく説明されたサイトのリンクを貼り付けるので、是非見てください。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?~HSPはうつ病になりやすい!?~|うつ病治療の新宿ストレスクリニック
HSPとは「ひといちばい繊細な人」という意味で、生まれ持った心の特徴です。「眠れない」「疲れやすい」などのうつ病と似た特徴が見られるためうつ病と混同されがちです。そこで、HSPの特徴やうつ病との違いなどについて詳しく解説します。

HSPを知って思ったこと

世の中にはいろんな個性を持った人がたくさんいます。

面白い人、優しい人、気難しい人、理不尽な人、短気な人、自分の周りの人の中にも
たくさんの個性を持った人がいますよね。

その個性というのは無くしてはダメだと、個人的には思ってるんです。

個性がある人が周りにいるから、僕も楽しいですし、周りも僕の個性を好きでいるから、

友達として一緒にいてくれてるんだと思います。

今回のHSPは繊細な人ということですが、言い換えれば・・・

「人の気持ちを考えて行動できる人」

だと思います。

初めて知った言葉でしたが、とても勉強になりました。

今回はここまで!!!

バイバイ!!!

コメント

  1. ホカホカ より:

    簡単ですが、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました