ゲーム禁止条例について思うこと。学べることがたくさんある。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは。まさです。

1月くらいでしょうか。

香川県で「ゲームは平日に60分まで」という条例が可決されたというニュースを耳にしました。

そこで今回はこのニュースを見て、筆者が思ったことを書いていきます。

興味のある方は見てください。

スポンサーリンク

ゲーム禁止条例について思うこと。

ゲームには中毒性があります。

「あともうちょっと・・・」が1時間以上だったり、

気づいたら朝になってた・・・

ということがよくありますよね。

確かにゲームばっかりしていると、勉強が疎かになったりしちゃいます。

でも人間って禁止にされちゃうと、やりたくなっちゃうんですよね。

筆者はこの条例は逆効果だと思います。

しっかりと親が「勉強しないと、後悔しちゃうよ。」ということを子供に教えてあげるのが
一番効果的だと思うんです。

筆者もゲームばっかりやってた派ですが、やっぱりテスト前とかは自分で禁止にしていました。

そういった意識を子供に持たせるためには、親の言葉が一番ですからね。

ゲームは何も学べないのか?

よく聞くのは

ゲームをやっても何もいいことない。

という人が多いことです。

ゲームやってる皆さんからすると、学べたことっていっぱいありますよね。

筆者がゲームで学んだことといえば・・・

  • APEX・・・連携、コミュニケーションの大切さ。
  • FF15・・・友情の大切さ
  • ラストオブアス・・・絆、家族の大切さ
  • ダークソウル・・・急がば回れ
  • skate3・・・バグの面白さ

ゲームって自分が体験できないことを、自分がプレイして体験できるんですよ。

それってすごいと思いませんか?

それだけでもゲームをする価値って、大いにあると思うんですよね。

いろんな感情を知ることができたりして、そこから学べることってたくさんあるんです。

ゲームは勉強になるんです。

ゲームは禁止。それは悪手です。

ゲームから学んだことはたくさんあります。

それが糧になって、今の自分があると思っています。

それに禁止にしてしまえば優秀なゲームを作れる、日本の技術力を衰退させてしまいますよ。

筆者はゲーム禁止条例のニュースを見てそう思ってしまいました。

今回はここまで。

バイバイ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました