紙巻きを加熱式に!たばこ代は1/3に!吸いごたえは抜群!HIMASUレビュー[PR]

加熱式タバコ

こんにちは。まさ(@mirakoromasa)です。

今回は加熱式界隈に革命が起きたといっていいでしょう。

紙巻きたばこを加熱式たばこにできるHIMASUをレビューします。

魅力はそれだけではありません!

一本で三回吸えるのでたばこ代を1/3にできます。

まだまだほかにも魅力がたくさんあるので紹介していきます。

今回提供いただきましたが正直に伝えてもいいとのことなので、いつも通り辛口でいかせていただきます。

HIMASU本体と付属品

HIMASUパッケージ

想像より大きなパッケージでびっくりしました。

こんなに大きいのには理由があります。

HIMASUの内容物

こちらが本体と付属品すべてになります。

HIMASUセット内容
  • 本体
  • リキッドインジェクター
  • リキッド ×6
  • プラスチック製マウスピース ×2
  • シリコン製マウスピース ×6
  • フィルター
  • typeC充電ケーブル
  • 説明書

これらがセットで9980円で販売されています。

簡単なスペック紹介

本体

HIMASUのスペックは以下の通りです。

名前HIMASU 1Be3
使用回数9~12回
喫煙時間3分30秒
温度高温モード
低温モード
簡単なスペック紹介

少し心配なのは使用回数が他加熱式たばこよりも劣っているところ。

そして喫煙時間が短いことが少しネックになります。

外観紹介

質感はもう少し上げてほしい!

質感は結論を言うと普通です。

手に持って「お!カッコいい」と思えるようになると、もっとHIMASUの魅力が上がると感じました。

左glo 右HIMASU

グローハイパーとのサイズを比較してみると大きさがよくわかると思います。

だいたいIQOSよりほんの少し大きいくらいです。

重さは大きさの割には軽めでgloよりも軽く感じます。

HIMASUのサイズ感

手に持ってみるとでかさは感じますが軽いので取り回しは良いです。

HIMASU本体サイド部分

サイドには画像のようなスライド機構があり上にスライドすると・・・

金属チャンバー

金属チャンバーが出てきます。

HIMASU底面

底面には紙巻きたばこを挿す場所とtypeC端子があります。

まさ
まさ

typeCはありがたい。

底面の蓋は開いて掃除しやすくなっています。

フィルターはたっぷり入っています。

リキッドインジェクター

こちらが紙巻きたばこにリキッドを注入するためのものです。

リキッド注入時

リキッドをこのように注入します。

1~2回プッシュするだけなので非常に簡単です。

リキッドインジェクターにはお掃除ブラシも付属しています。

持ち運びの際に一つで済むので非常に楽です。

HIMASUの使い方

本体サイド部分のスライド機構

本体サイド部分にはスライド部分があり、上にスライドすると

金属チャンバー

金属チャンバーが出てきます。

こちらにはフィルターを装着します

フィルター装着

フィルターを装着した後マウスピースを付けます

マウスピース装着

ここまでの流れは初回とフィルター交換時のみに行うものです。

好きな紙巻を用意

スリム系は挿すことが不可能なので注意!

一般的なサイズであれば可能です。

今回はアメスピを用意しました。

インジェクターに好きなたばこを挿す

インジェクターにたばこを挿しましょう。

そして1~2回プッシュすればOKです。

まさ
まさ

きついのが好きな人は3回プッシュがおすすめです。

本体底面にたばこを挿しこむ

本体底面にたばこを挿しこめば準備完了です。

ボタンを長押しで加熱!

真ん中のボタンを長押しすればバイブレーションし加熱が始まります。

バイブレーションがもう一度くれば加熱は完了!

あとは吸うだけです。

まさ
まさ

注入以外は他の加熱式とほぼ一緒です。

真ん中のボタンを5回連続で押すと温度の切り替えが可能です。

実際に吸ってみた感想

HIMASUとアメスピ

結論から言うと最高です。

理由は4つあります。

HIMASUが最高な理由
  • 吸いごたえがガツンとくる!
  • 1本で3回吸える神コスパ
  • 煙量も多くモクモクを楽しめる
  • ニオイは控えめなので周りへの迷惑も少ない

吸いごたえがガツンとくる!

吸いごたえは加熱式のIQOSユーザーであれば、その吸いごたえを想像していただけるとわかりやすいと思います。

筆者は色んな加熱式を触ってきましたがIQOSやPloomXと同じ吸いごたえがあり、とても満足感があります。

まさ
まさ

個人的なランキングですが・・・

glo>PloomX>IQOS>=HIMASU

吸いごたえは選ぶ紙巻きたばこに影響します。

今回のアメスピはタールが12㎎ニコチンが1.6mgとなっています。

まさ
まさ

ガツンと来ますよ!!!

あまり期待していなかったのですが吸いごたえは抜群に良いので購入の際は心配無用です。

1本で3回吸える神コスパ

吸った後は1/3カットします。

どうして1本で3回吸えるのと疑問に思った方もいるでしょう。

画像のように1/3カットすれば、また吸うことが可能です。

これで増税の波で値段が上がる一方なので、お財布にも優しいですね。

切る時は葉っぱが飛び散るので注意!

簡単に計算すると・・・

加熱式の場合(1日1箱20本)
500円×365=182500円

HIMASUの場合(1日1箱20本)
500円×122=61000円

182500ー61000=121500円の節約になる

グリセリンを購入しなければならないのでもう少し上がるとは思いますが、それでも節約できます。

煙の量が多くモクモク楽しめる

イメージ

うまく写真が取れませんでした。ごめんなさい。

煙の量は紙巻きと比べても同じくらいかそれ以上の煙が出ます

加熱式は煙が少ないことが多いのですが、HIMASUは多めに出てくれるので非常に楽しめます。

加熱式の中では多い部類に属しています。

まさ
まさ

PloomXと同じくらいでます。

ニオイ控えめ!不快さは感じません。

恒例といっていいでしょうか。

今回もニオイ判定としてタバコを吸わない友達に感想をいただきました。

他の加熱式はガチでクサいけど、これは不快なにおいではないからだいぶマシ。

筆者的にも特徴的なニオイは全くせず、紅茶っぽいニオイを感じます。

タバコを吸わない人でもだいぶマシと評しているので、家族にクサいといわれている人は試してみる価値ありです。

まさ
まさ

加熱式特有の臭さはありません。

HIMASUの良くなかったところ

ここからはHIMASUを使ってみてダメだったところを紹介していきます。

HIMASUの良くなかったところ
  • 手軽には使えない
  • デバイスに高級感がない
  • 持ち運びに不便

手軽には使えない

皆様もうすうす気づいていたとは思いますが、ほかの加熱式と比べると面倒くさいことが多いです。

特にグリセリンを注入する作業は外出の際にはやりにくいし、タバコを1/3カットするのも外出時にはできないというか、はさみを持ち歩くのはダメです。

HIMASUは家用のデバイスといっていいと断言できます。

まさ
まさ

家ではHIMASU、外出時は他の加熱式と使い分けるのがいいでしょう。

デバイスに高級感がない

9980円という値段ですが1000円くらいのものといわれても納得できるくらいデバイスに高級感がありません。

やはり所有感といいますか持っていてかっこいいなと感じられる要素がもう少し欲しいです。

吸いごたえなどはとても満足できるので、もう少し高級感があればもっと魅力がドンと上がると思います。

まさ
まさ

魅力たっぷりのHIMASUなのでここだけ改善してほしい!

持ち運びには不便

外出時の使い勝手もそうですが、持ち運びも苦労します。

最低でも3つのものを持ち運ぶことになるので、手ぶら派はカバンがないとほぼ不可能です。

先ほども書いた通り、ハサミ等は持ってはいけないので使い勝手としても持ち運びとしても不便です。

HIMASUは本当に家用として使うべきですね。

HIMASUは吸いごたえもコスパも◎家用には最高です。

こういうデバイスは大抵吸いごたえが少なかったり欠点が多いものが多いです。

ですが、HIMASUは外出時の不便さ以外は他の加熱式と比べても同じくらいかそれ以上の実力を発揮してくれます。

良いところと良くないところをまとめると・・・

HIMASUの良かったところ
  • 吸いごたえがガツンとくる!
  • 1本で3回吸える神コスパ
  • 煙量も多くモクモクを楽しめる
  • ニオイは控えめなので周りへの迷惑も少ない
HIMASUの良くなかったところ
  • 手軽には使えない
  • デバイスに高級感がない
  • 持ち運びに不便

特に吸いごたえはガツンと来るので満足感がたっぷりです。

今回紹介したHIMASUがおすすめな人は以下の通りです。

HIMASUをおすすめできる人
  • リモートワーク喫煙者
  • ガツンとくる吸いごたえを楽しみたい人
  • 節約したい人
  • ニオイで怒られている人

これらが当てはまる喫煙者はHIMASUとてもおすすめです。

今回は大体一箱ほど吸ってみたレビューですが、長期レビューも予定しているので続報をお待ちください!

今回はここまで。

バイバイ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました